読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第37回魚津しんきろうマラソン

f:id:myalv:20170430234418j:plain

今シーズン最初のランニングイベントとして第37回魚津しんきろうマラソンに参加してきました。去年は応援する立場での参加でしたが、春シーズンに手ごろな(日程の合う)イベントが他に無かったためこのイベントからスタートとなりました。25度を超える暑さと風速5mの風、大変なコンディションで救急車が何台も走ってましたね。当初は自己ベスト(2時間5分)目指していましたが、そういう状況でもありませんでした。


ところでマラソンイベントに参加するにあたって忘れてはいけない物、色々あると思います。一番忘れてはいけないものは参加証かな? マラソンシーズンも3年目ということでこなれてきた感があるわけですが、今回のイベントではそれを改めて認識することになりました。なんとシューズ忘れてしまいました(笑)


前の晩から準備はしてたんですけどね。当日受付組みなので朝早く駐車場確保するために荷物まとめて。シューズは下駄箱だったし朝出発時に掴んでいけばいいやと、当人も忘れるわけないと...前の晩までは思ってたんですけどね。予定通り7時30分に会場入りして、受付済ませて車に戻って、9時頃に同僚と合流しようかと「さー準備するかー」と思ったところですよ。車の中に靴がないんです。


f:id:myalv:20170430234720p:plain
大変なこと(自業自得)。この時間に気づいては取り戻る時間も無かった。


まあ会場にランニング用品の売り場があるのは把握してましたので、この時点で「帰る(DNS)」か「新シューズ買って参加」かの2択だったわけです。帰るにしてもゼッケンタグは返さないといけないので、もう一度会場には行かないといけないんですよね。再度会場入りして同僚に一通り馬鹿にされた後、ここまで来て帰るのも...ということで7,000円支払ってシューズ買いました。2月に今シーズン用のシューズ買ったばかりなのに...。


f:id:myalv:20170430234846j:plain
練習用のシューズが3足に増えました。


レースを振り返ってですが、コースは聞いていた通りにほぼフラットのコース。ただ往復のレイアウトなために、レースの半分は強烈な向かい風を受けて走ることになりました。スタート後は前が詰まっていたこと、シューズへの不安、回復し切れていない身体(ももの筋肉痛があった)、胃の荒れ(仕事のストレス)、これらが総じて、無理することなく6分30秒ほどのペースを刻みました。あわよくば後ろからスタートしている同僚たちを前に行かせて、最後に肩を叩きながら抜き去ってやろうという魂胆があったことも記しておきます。スタート直後から自己記録など狙う余地もありませんでした。


最初の折り返しまでは前に壁役を置いてドラフティングしながらペースを抑えて走り、折り返して追い風になったら5分30秒程度までペースアップ。最初の10kmは手元時計で1時間03分30秒ほど。再度向かい風になってからが凶悪でした。7kmほど向かい風が続いたんですが、壁を置いたとしてもその恩恵は僅かなもの。12kmくらいからは靴擦れの気配、15kmでももが上がらなくなり、20kmの標識でとうとう歩いちゃいました。約1km歩いて、最後だけいつも通りスパートしてお終い。


f:id:myalv:20170430234856p:plain


今回の最大の反省点は「シューズを忘れない」以外にないのですが、胃の荒れもかなり堪えました。終始嘔吐感があったし何度もげっぷがでたり。仕事のストレスもあながち冗談でもないのですが、朝食のタイミングと量が悪かったんですかね。週末に歓迎会で飲んでたのも悪影響だったかな。筋肉痛に関しては木曜日に興が乗って負荷かけすぎたとただ反省するのみです。


次回イベントは秋シーズンまで飛ばそうかと思ってましたが、あまりにも不完全燃焼なので何か考えようかな。開催地的には万葉マラソンが手頃ではあるけど。申込が5月9日までと早いのでちょっと悩ましい。